第3回 希少がん患者サミット ー希少がんのドラッグラグ解消に向けてー

第3回 希少がん患者サミット皆さんの声をお寄せください
第3回 希少がん患者サミット

皆さんの声をお寄せください

日時
2022年9月17日(土)13時〜15時30分
会場
配信にて。YouTube限定オンライン開催
ご参加対象者
希少がん患者・家族・遺族ほか、医療関係者、メディア、一般
参加費
無料

内容

私たち日本希少がん患者会ネットワークは希少がん患者の皆さんから治療薬に関する声を集めています。
そこから浮かび上がる、患者が置かれている状況と、希少がんにおける治療薬の研究や開発がしにくい現状……。
どうしたら薬が治療に使えるようになるでしょうか。
今回は海外で承認されているのに日本では承認されていない薬の問題、いわゆる「ドラッグラグ」にフォーカスし、解決へのいとぐちを皆で探っていきます。


時間 内容
13:00▷13:05 第3回希少がん患者サミット開会挨拶
眞島喜幸 (RCJ理事長)
13:05▷13:10 意見・経験紹介
希少がんの治療薬について皆様から寄せられた声を紹介
13:10▷13:20 講演1
患者側から見たドラッグラグ問題
西舘 澄人(RCJ副理事長、NPO法人GISTERS 理事長)
13:20▷13:35 講演2
日本におけるドラッグラグの現状と対策
下井 辰徳先生(国立がん研究センター中央病院 腫瘍内科 医長 国際開発部門 国際診療室 室長 希少がんセンター)
13:35▷13:50 講演3
小児がんを含む希少がんの課題
高田 渉氏(日本イーライリリー株式会社 研究開発・メディカルアフェアーズ 統括本部 薬事部門長 エグゼクティブディレクター、小児がん対策国民会議運営委員)
13:50▷14:05 講演4
海外創薬ベンチャーの動向
篠原 祐樹氏(シミック株式会社 臨床事業第二本部3部 部長)
14:05▷14:20 講演5
新興バイオ医薬品企業との連携について
早川 穣氏(大原薬品工業株式会社 取締役 研究開発本部長)
14:30▷15:30 パネルディスカッション
ドラッグラグの課題解決に向けて
ご登壇の皆様+RCJ(眞島、西舘、馬上)

※詳しくはチラシPDF(2ページ有)をクリックしてご覧ください。

主催
一般社団法人日本希少がん患者会ネットワーク(略称:RCJ)
後援
厚生労働省、国立がん研究センター 希少がんセンター、小児がん対策国民会議
協力
公益財団法人日本対がん協会 〈休眠預金活用事業〉
助成
公益財団法人 正力厚生会
お問い合わせ
本ホームページ「お問い合わせ」よりお願いします

あなたの「声」で、このサミットを実りあるものにー

希少がんの治療薬に対する経験や意見、困ったことなど、ぜひお聞かせください。(絶賛募集中!)

あなたの声をお聞かせください