希少がんコミュニティ オープンデー2024

「臨床試験をもっと身近に。みんなの思いが交わる日」を合言葉に、講演やセミナー、展示・体験ブース、ポスター展示などを通して、患者・患者家族・企業関係者・行政関係者・医療関係者等 希少がんに関わる方々や一般の方々の間で、情報共有・意見交換が活発に行われることを目指しています。

参加のお申込みはこちらへ お問い合わせはこちらへ

開催日時

2024年5月18日(土曜日)11時~17時

開催方法

ハイブリッド開催

会場
国立がん研究センター築地キャンパス 研究棟1階 大会議室/セミナールームA・B
オンライン配信
Zoomウェビナー

プログラム(抜粋)

プログラム 登壇者
希少がんとは 米盛 勧 (国立がん研究センター 中央病院 腫瘍内科長)
希少がん患者が今望んでいること 大西 啓之 (日本希少がん患者会ネットワーク 副理事長)
わたしのストーリー 希少がん患者
MASTER KEY プロジェクトと希少がんの臨床試験 大熊 ひとみ (国立がん研究センター中央病院 国際開発部門 研究企画室長)
小児がんの薬剤開発 荒川 歩 (国立がん研究センター中央病院 小児腫瘍科医長)

(注)プログラムは変更する場合がありますのでご了承ください

参加費

無料

対象者

どなたでもご参加いただけます。
(例)希少がん患者・家族・遺族、医療関係者、企業関係者、行政関係者、メディア関係者、一般

ブース出展

当日、会場(国立がん研究センター築地キャンパス 研究棟1階 セミナールームA・B)では企業・患者団体による体験・展示ブースの出展がございます。
出展企業・団体は現在調整中です。
希少がん啓発イベント「希少がんコミュニティオープンデー」ご支援募集のお知らせ

協賛、広告掲載、後援、協力

現在調整中です。

希少がんコミュニティ オープンデー2024
希少がんコミュニティ オープンデー2024

MASTER KEY プロジェクトとは

MASTER KEY プロジェクト 」は、国立がん研究センター中央病院が有する先端的な研究開発のノウハウと研究支援機能、製薬企業が有するシーズと開発戦略を融合させ、網羅的かつ効率的に希少がんの治療開発を進めるための産学協同の研究基盤の構築を目指したプロジェクトです。2017年5月より国内で、また2021年10月からはアジア地域とも連携し、現在、14企業と国立がん研究センター中央病院を含めて国内7施設、アジア地域では6カ国20施設が参加しています(MASTER KEY Asia )。

参加企業は「MASTER KEY プロジェクト」のプラットフォームを利用することで、開発戦略に応じたデータベースの活用、症例リクルートの促進、前臨床研究での国立がん研究センター研究所との協業など多くのメリットが得られる仕組みとなっており、現在30件の治験(医師主導治験16、企業治験14)が進んでいます。

希少がんコミュニティ オープンデー2023

2023年5月21日(日)に開催いたしました「希少がんコミュニティ オープンデー2023」の模様はこちらから ご覧ください。