標準治療がない希少がん(小児がん含む)患者にとって、新しい治療やその情報が切望されています。
第2回 希少がん患者サミットは 2021年9月18日(土)13:00〜17:00、創薬ならび様々な意味での連携(PPI=患者市民参画、専門医育成、情報伝達等)をテーマにオンライン限定公開で開催いたしました。

中期的、長期的アプローチについて各ステークホルダーの意見を伺ったうえ、「希少がんの創薬と連携」の課題解決についてパネルディスカッションを行い、その「あるべき姿」を共有しています。

こちらのページでオンデマンド配信のために編集した動画を公開いたします。

すべての動画はYouTubeのRCJチャンネル でもご覧いただけます。
ご意見ご感想をお待ちしています!ホームページのフォームからお送りください。

第2回 希少がん患者サミット オンデマンド配信

「開会・活動報告」

「希少がんの診療と治療開発のありかた」西田俊朗 先生

「希少がんとゲノム医療」武藤 学 先生

「希少がんセンターの紹介とがんプロ育成」松浦成昭 先生

「希少がん創薬の現状と将来展望」山田尚文 先生

「希少がんの創薬と連携」岩﨑 甫 先生

パネルディスカッション「希少がんの創薬と連携」〜閉会


主催:一般社団法人 日本希少がん患者会ネットワーク
協力:公益財団法人 日本対がん協会(本事業は日本対がん協会の協力による休眠預金活用事業です)
後援:厚生労働省 大阪国際がんセンター希少がんセンター 国立がん研究センター希少がんセンター