がんゲノム医療に関する教育プログラム
「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」

がんゲノム医療に関しては、2019年6月よりがん遺伝子パネル検査が保険収載されたことにより、患者さん一人ひとりのがんの特徴にあわせた最適な治療法の選択ができる可能性が出てきました。
また、薬剤の開発が遅れていて、治療薬が少ない希少がんですが、がん遺伝子検査を受けることで、他のがんですでに使われている分子標的薬と同じ遺伝子変異が見つかれば、治療法の選択肢が広がることが期待されることからゲノム医療への関心が高まっています。

しかし、すべての患者さんがいま受診している施設でがん遺伝子パネル検査を受けられる状況ではなく、また一部の治療は中核病院などに限定されているため、検査実施後に陽性となった遺伝子変異にマッチした治療法にたどりつける方も限られているのが現状です。
医療関係者もゲノム医療の指定を受けている一部の施設を除いては、ゲノム医療に詳しいわけではないため、希少がん患者さんとご家族がゲノム医療について、きちんと学んでおくことがご自分の治療の選択肢を増やす上では、とても重要です。
そのような観点から作られたのが今回のがんゲノム医療の初級編です。

がんゲノム医療についての基本的な理解を深めていただけるコンテンツとして、中外製薬株式会社にて制作された、がんゲノム医療に関する教育プログラム「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」をご紹介いたします。

RCJ理事長 眞島喜幸からのメッセージ

初級編

1:がんゲノム医療とは
2:遺伝子変異に合わせたがん治療とは
3:がん遺伝子パネル検査とは

「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」は、中外製薬株式会社のYouTubeチャンネル「Chugai Pharmaceutical」でもご覧いただけます。